FC2ブログ
2018/03/19

ヤマキ割烹白だしを使って『けんちょう』作り

ただ今レシピブログさんのモニターに参加中


今回の商品はこれ

DSC04056_convert_20180319120637.jpg

ヤマキ割烹白だし


これを使って唐戸・魚食塾で習った懐かしの『けんちょう』を作ります


私にとってけんちょうとはお袋の味

当たり前の料理と思ってたんですがこれは山口県の郷土料理だった!!

魚食塾で教えて貰ったことは

山口県の郷土料理であり、他の地域には「けんちょう」の名称の料理は無いと言う事

同じような材料を使って作る「けんちん汁」がある事

炒め煮には香川の「まんばのけんちゃん」、鳥取の「けんちん」がある事

いずれも由来は鎌倉の建長寺と推測されているそうです


私もお袋の味を作るべくけんちょうを作ります

「材料」(4人前)

・木綿豆腐    1丁

DSC04060_convert_20180319120817.jpg

・水       1カップ

・みりん     大さじ2

・砂糖      小さじ1

・ヤマキ割烹白だし  大さじ2

・料理酒       大さじ1

・醤油      小さじ1

・塩       少々


「作り方」

①豆腐は重しをして水気をしっかりとる

 (レンジでチンしてとっても可)

DSC04057_convert_20180319120735.jpg

②大根・人参はいちょう切り、牛蒡は斜めに薄切り

 椎茸・エリンギ・蒟蒻は食べやすいサイズに切る

DSC04061_convert_20180319120904.jpg

③鍋に油をしき(分量外)②を炒める

④さらに豆腐をちぎって加え、炒める

⑤水・調味料を加え弱火で汁気が酢こそ残る程度まで煮る

⑥塩少々で味を調える


DSC04064_convert_20180319120936.jpg

山口県の郷土料理『けんちょう』


素朴な料理ですが野菜の旨みと豆腐が絡んで美味しいです

魚食塾で教えて貰った裏技は昆布を小さく刻んで入れて

出汁採りもかねて昆布ごと食べるって事

素材の美味しさを存分に味わうことが出来ました


今回の白だしモニターはコンテスト形式

食材も2種類、3種類部門とシンプル使いのコンテストなんです

で、今回のけんちょうはモニター投稿無し


次回はシンプルな素材で白だし料理に挑戦します


おまけです

DSC04067_convert_20180319121047.jpg

穴子の麹漬け焼き


麹に漬けこんだ穴子をグリルでこんがり焼きました

焼きたてにレモンをギュッと絞ってわさびで頂きます

身はほくほく、脂が程よく乗って麹で旨みアップの穴子ちゃん

美味しかったです♡


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは(^^♪

“けんちょう” って初めてです。
おふくろの味というか
山口県のソウルフードなのですね。
やさいの味と切り昆布の旨みとおだし。
滋味深い味わいなんでしょうね。

穴子の麹漬け、見るからにおいしそう!
ふわふわなんだよね。
お酒がすすむ~♪

はるさん

けんちょうは素材の味をかみしめる、旨みたっぷりの料理です
噛むことによって顎も鍛えられるし、冷めてもとっても美味しいの
あらためてけんちょうの美味しさをかみしめています

穴子の麹漬け~~
麹のお陰で凄く美味しい穴子に変身してくれました
そうそう、お酒がすすんじゃいます(笑)